Web製作はタグを簡素に記述しSEO対策を


Web製作をするのに必ず意識するのは、そのWebページを少しでも沢山の人に見てもらうこと、となります。しかし闇雲に製作を行ったところで、その他大勢組に編入され、殆ど人目に触れることがない、というWebページになってしまいます。 最も価値のあるWebページとは、極論すればあるテーマにおいて他に類例が全く無いページということになります。そのテーマをキーワード検索した時に競合するページが他になければ、必ずインデックス表示1位になるはずで、その情報を求める人はそのページ一つ見るだけで解決します。そして実際のところ、優秀なWebページが一つあれば、その他大勢は不要です。しかし他に類例がたくさん存在するテーマのWeb製作をする時でも、SEO施策で少しでも上位に表示されるサイトにすべきです。 Webページはhtmlやcssなどの記述言語によって書かれています。その中にはたくさんのタグが存在し、様々な要素をページ上にどう配列するかという個々の役割があります。そしてSEOにおいては、まず第一にそれらを正しく使うという必要があります。ある一つの表現を行うにも、様々なタグの使い方によって実現する場合があります。しかし本来の使い方とは違った用い方をすると、html上内部混乱を来していることになり、SEO上でも不利になります。第二にSEOに直接関係するタグを重要視する必要があります。ではそれは何かというと、「title」と「h1」です。前者においてはキーワードを2〜3精選しそれを盛り込んだタイトルを付けます。後者は大見出しとして使われますので、メインコンテンツ部で主要テーマを簡潔に述べるようにします。