Web製作とSEO対策におけるパンくずリストの重要性


ホームページの規模というのはそれぞれです。たとえば、会社紹介のページだけというのであれば一ページだけということになりますし、ホームページでブログを書いたり、商品を売ったり、いろいろなコンテンツを運営するのであれば数十ページや数百ページある大規模なものになります。 後者のような大規模なホームページでは、パンくずリストが重要になってきます。これはなんなのかというと、ホームページの閲覧者が、今、自分がホームページのどこにいるのかがわかるリンクのことです。 たとえば、トップページ以下にショップがあり、そのショップの中に本売り場があり、その中に漫画だけを並べているページがあるとします。もし、このページに漫画売り場とだけしか書かれていなかったら、閲覧者は漫画以外の本を探したいと思ったり、トップページを確認してブックマークしたいと思っても、自分がホームページのどこにいるのかがわからないので、スムーズに出来ません。しかし、「トップページ>ショップ>本売り場>漫画」といった記述をページに表示しておけば、ホームページのどの辺にいるのかすぐにわかり、迷うことがありません。 こういったリストは単にWeb製作の常識というだけではなく、SEOの効果も高いです。というのは、内部リンクをしっかり張ることがSEOになるからです。SEOでは外部リンクだけしか評価されないという考えもありますが、実際には内部リンクが多いというのも評価ポイントになります。