Web製作はタグを簡素に記述しSEO対策を

Web製作をするのに必ず意識するのは、そのWebページを少しでも沢山の人に見てもらうこと、となります。しかし闇雲に製作を行ったところで、その他大勢組に編入され、殆ど人目に触れることがない、というWebページになってしまいます。 最も価値のあるWebページとは、極論すればあるテーマにおいて他に類例が全く無いページということになります。そのテーマをキーワード検索した時に競合するページが他になければ、必ずインデックス表示1位になるはずで、その情報を求める人はそのページ一つ見るだけで解決します。そして実際のところ、優秀なWebページが一つあれば、その他大勢は不要です。しかし他に類例がたくさん存在するテーマのWeb製作をする時でも、SEO施策で少しでも上位に表示されるサイトにすべきです。 Webページはhtmlやcssなどの記述言語によって書かれています。その中にはたくさんのタグが存在し、様々な要素をページ上にどう配列するかという個々の役割があります。そしてSEOにおいては、まず第一にそれらを正しく使うという必要があります。ある一つの表現を行うにも、様々なタグの使い方によって実現する場合があります。しかし本来の使い方とは違った用い方をすると、html上内部混乱を来していることになり、SEO上でも不利になります。第二にSEOに直接関係するタグを重要視する必要があります。ではそれは何かというと、「title」と「h1」です。前者においてはキーワードを2〜3精選しそれを盛り込んだタイトルを付けます。後者は大見出しとして使われますので、メインコンテンツ部で主要テーマを簡潔に述べるようにします。

Web製作におけるSEO対策とディレクトリー登録

SEO対策は、Web製作を行う前からすでに始まっています。 例えば、IT企業が運営する無料のブログサービスと、CMSで製作されたブログではSEOで差がでます。 CMSで製作されたブログは、運営するスタートの段階で、無料のブログより、SEOでは上となります。 これは検索エンジンが決めている事、または傾向です。 ですので、個人が無理やり覆す事は出来ず、覆すとしたらサイト製作後の運営で挽回する必要があります。 つまり、SEOを意識したサイト運営を行う場合、Web製作の段階から施策していく必要があるのです。 製作するソフトの選定も手を抜く事は出来ませんので、しっかり選びましょう。 ディレクトリー登録は、現在では登録先を入念に調べておく必要があります。 これは大手検索エンジンが、一部大手ディレクトリーからの被リンクを、ペナルティと見なし始めたためです。 昔は、ディレクトリー登録する事で、登録先から被リンクを獲得する事ができ、良い外部対策となっていました。 しかし、現在、むやみにディレクトリー登録し、被リンクを獲得すると、リンクをスパムと見なされます。 ですので、登録を検討中の人は、大手検索エンジンとの兼ね合いで申し込み先を検討してください。 大手だからといって安心とはいかなくなっていますので、注意しておきましょう。 このように見るとSEO対策は、より内部対策が重視されているとご理解いただけるのではないでしょうか。 昔は無料リンク集の質の悪い被リンクがスパム、現在は有料ディレクトリーの被リンクですらスパム扱いです。 今後のSEOを考える場合、内部対策の徹底は必須で、その上で入念に被リンク対策を徹底する必要があります。

Web製作:健全なSEO対策でペナルティーを回避

自身でwebサイトを製作しようと考えたときに必ずといってよいほど耳にするのがSEO対策です。 SEO対策とは、簡単に言ってしまうと検索エンジンで自身のサイトを見つけやすくする、ということになります。 サイトを見つけやすい状態とは、自身のサイトに関連する語句を検索したときに、検索結果の上位に表示される状態のことを指しますが、中々最初のうちは認識してくれず、Web製作における最初の難関です。 焦って何とか検索の上位に入ろうとSEO対策を頑張ろうとすると、むしろ逆効果になってしまう場合があります。 所謂検索サイト側のペナルティというものです。 どのような場合にペナルティーが発生するのか、という点について検索サイト側は詳しくは明かしていません。 しかし、幾つかのサイト運営者の話などを総合すると、これをするとペナルティーを受ける可能性がある、というものは大体分かってきています。 例えばサイトの文章が自身のサイトであれ、他者のサイトであれ、殆どがどこかで書いてあるような話しであり、尤もひどいのはコピペだらけの状態です。 これはSEO対策の一環として検索しやすい文字列や内容を書こうとしたあまりに検索サイト側にオリジナリティーがないと判断されてしまい、結果としてペナルティーを受けた例です。 他にもWeb製作にあたってたくさんの人と相互リンクをする人が居ますが、そのリンクのどれもが無意味なもの、サイトと関係ないものであると逆効果になります。 SEO対策はWebサイト製作において重要ですが、正しく行わないと逆効果になることを常に心がけておきましょう。